足技の魔術師と呼ばれる人たち 格闘技編

PR

足技の魔術師と呼ばれるすごい人たち

私も格闘技のまねごとを少しばかりやっていましたが、足技というものがすごく好きだったんです。

今回は、格闘技の世界で足技の魔術師と呼ばれる人や、私が勝手にそう思ってリスペクトしている格闘家をご紹介していこうかなと思います。

足技の魔術師といえば小笠原和彦

極真会館出身の空手家で、空手をやっていてこの名前を知らない人はいないのではないかというくらい有名。

足技に関しては魔術師と呼ばれるほどのキレと破壊力を持ち、実際の試合でも何度も廻し蹴りなどで勝利を収めています。

2002年に、後楽園ホールでのプロレス興行に乱入、試合後の橋本真也に「お前の蹴りには蝿が止まる」と喧嘩を売った事がきっかけでプロレスに進出することとなり、自分で団体も立ち上げました。

天才空手家 成嶋 竜

極真会館(松井派)本部直轄西多摩道場の責任者。

私が好きな空手家の一人、蹴りの奇麗さはピカイチですね。

漫画『軍鶏』(しゃも)という作品で空手をする主人公の名前が成嶋 亮という名前で、よく、この漫画のモデルが成嶋 竜であると勘違いされますが、漫画の内容と本人は似ても似つかないもので、モデルになっているとは思えないというのが個人的感想です。

この人の組手、試合はとにかく美しい。

技の奇麗さは私が知りうる中で歴代一位といっても過言ではないでしょう。

マッハ蹴り 塚本徳臣は足技の魔術師

新極真会空手の空手家、塚本徳臣。

「マッハ蹴り」と称される変則回し蹴り・膝蹴り・かかと落とし・胴回し回転蹴りなど多彩な蹴り技はどれも見ていてすごすぎるものです。

上で紹介している動画で、「しっぽが生えているイメージで」という独特な感性を持つ天才です。

この番組はリアルタイムで見ていて、録画もしていて何度も見ましたね。

一緒に出演している、緑健児という空手家もまたバケモノです。

実際の空手の試合でここまで胴廻し回転蹴りをきれいに決める人はそういないでしょう。

美しい回転技でのKO

色々な格闘技の回転技系でのKOの動画です。

アクション映画のような気まり技もあり、見ていて気持ちいのでどうぞご覧ください。

まさに神業!

※ 掲載した人のプロフィールは記事掲載時調べのものであり、極真関係に関しては団体の分裂などもあり非常に微妙な問題ですので、違いがございましたらお知らせください。

The following two tabs change content below.
nin

nin

自称、WEB関連クリエイター。東京在住のおっさんです。ウェブページの製作、動画の編集などやっております。 このサイトは完全に趣味で書いております。