ガチャの確率研究所 モンスト他、各ゲームを検証

PR

モンスト、パズドラ、FGO、白猫、ガチャを確率を知っておこう

色々なものの確率について以前ご紹介しましたが、今回はスマホゲームアプリなどのキャラクターなどを入手する、いわゆる「ガチャ」についてです。

モンスターストライク(モンスト)、パズドラ、白猫、FGO(Fate/Grand Order)、シャドウバース(シャドバ)など人気ゲームでは必ずと言っていいほどこの仕組みがあり、ここで課金派、無課金派ががっつり分かれます。

ガチャとは

まず、ガチャとはゲーム内のキャラクターやアイテムなどを、くじ引き方式で入手する仕組みで、もともとは、昔からあるお金を入れてグルンとハンドルを回すと商品が出てくる「ガチャガチャ」が語源で、ゲーム内の似たようなしくみのものが一般的に「ガチャ」という呼び名に落ち着いているものですね。

ガチャに関する法律

お金を(ゲーム内の課金含む)かけて行う以上は、ギャンブルとしてみなされるかどうかが最初の争点となりましたが、過去に未成年者の過度な課金など様々な問題があり、色々規制が変わっていきました。

ゲーム内の表記、説明が誤解を招く書き方であったり偽りであったりする場合は、それによってさまざまな法律が適用されることになります。

例えば、「Sレア以上確定ガチャ」と書かれて販売されたガチャが、実際は「よりレア度の高いSSレアは出ず、Sレアしか出ないガチャ」だった場合、Sレア以上は出ているので一見、嘘はついていないとなりそうですが、法的には優良誤認表示の禁止に違反している可能性があります。

つまり、この表現では「運がよければSSランクも出るよ」って勘違いするからダメですよ、ってことですね。

有料ガチャの決まり

①ガチャレアアイテムの金額設定と推定取得金額・提供割合の表示
有料ガチャにおいてガチャレアアイテムを提供する場合、以下のいずれかを遵守する。
a. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額の上限は、有料ガチャ1回あたりの課金額の 100 倍以内とし、当該上限を超える場合、ガチ ャページにその推定金額または倍率を表示する。
b. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額の上限は 50,000 円以内とし、当該上限を超える 場合、ガチャページにその推定金額を表示する。
c. ガチャレアアイテムの提供割合の上限と下限を表示する。
d. ガチャアイテムの種別毎に、その提供割合を表示する。

②提供するガチャアイテムの価値
有料ガチャについては、以下のいずれかを遵守する。
a. 有料ガチャ1回利用時に提供されるガチャアイテムの価値は、有料ガチャ1回の価額と同等またはそれ以上と する。
b. 有料ガチャ 10 回利用時に提供されるガチャアイテムの提供割合の期待値上の価値は、有料ガチャ 10 回の 価額と同等またはそれ以上とする。
c. 有料ガチャの利用金額の総計が 5,000 円の場合、有料ガチャから提供されるガチャアイテムの提供割合の 期待値上の価値は、5,000 円と同等またはそれ以上とする。

③何らのガチャアイテムが提供されない可能性がある有料ガチャの提供は行わない。

ガチャの確率

さて、法律とか難しい話はこれくらいにして、実際にガチャの確率はどれくらいなのか?

爆死確率はどうなのかを見ていきたいと思います。

と、その前に、爆死って何だって人にために。

ガチャの爆死とは

これは様々なとらえ方があり、狙ったものが出なかった場合や、一つも上位レア度が出なかった場合など人によって違うようですが、とりあえず、ガチャ引いたけどダメだった場合の総称だと思っておいてください。

パズドラ、モンスト、ツムツムなどガチャの確率

ガチャがあるゲームは様々あり、そのゲームごとに解説を行うのはゲーム攻略専門サイトにお任せするので、ここでは確率が●%の場合はこんな感じですよというのを説明していきます。

天井がある場合とそうじゃないものの違いを理解する

まず、大きな分岐点は「天井ありのガチャ」か、そうでないものかです。

天井というのはリミッター、つまり限界値です。

天井がありの場合は、規定回数に到達すれば必ず出るというもので、例えば天井30回のガチャの場合、30回引けば必ず当たりが出ます。

その1回の当選確率が5%のガチャなら

1回~29回までは、どこで引いてもあたり確率は5%

最後の30回目は100%となります。

つまり、29回目でも、「これだけ引いたんだからそろそろ当たるだろう」という理論は計算上は成立しません。

1回目でも29回目でも確率は同じ5%なのです。

一方、天井がない場合はかなり注意が必要です。

5%の当選確率ガチャは、計算上は20回引けば計算上は当たりが出ますが、あくまでも計算上ですので、100回引いてもハズレの可能性もあるのです。

ガチャガチャとの違い

上記のような天井のある確率設定は人為的でないとその確率にはなりません。

一般的に現金を入れて行うガチャガチャ(ガチャポン)はちょっと違います。

これは引くたびに1つずつ減っていくので、ちょっとイメージは変わってきます。

しかし、ここで多くの方が勘違いされる確率計算があります。

例えば、上の写真でカプセルが100個入っていて、あたりが1つだった場合、当たる確率は1/100、つまり1%です。

これを、2番目に引いた人は1個減っているから、当たる確率が1/99になると勘違いする人がいるのですが、これは間違いですね。

ここでは計算については省きますが、どこで引こうが、当たる確率は1/100となります。

攻略サイトの「出現率を検証してみた」は信頼できるか

パズドラ、モンスト、FGOなど、様々なゲーム攻略サイトや動画にて、ガチャ100連検証してみた、などありますね。

それらのレアキャラ出現率など実践検証データはどこまで信頼できるのでしょうか?

答えは、単なるたまたまです。

確率は計算上の話であり、実際に行った場合は当然その通りには行きません。

しかし、回数を重ねればその計算上の数字に近づいていくのが確率というものです。

ゲーム上の発表確率が10%なのに、100回実践してみたら出現率は5.6%だった、何ていう検証ありますよね?

それは当たり前なのです。数字を見て、100回も引いたのに?って思うでしょうが

確率の世界ではたかが100回なのです。

サイコロを6回振ってみて、1が1回も出ない時と同じです。

1/6で出るとは限りません。

つまり、検証結果は「やった時のたまたまの数値」であり、他の人がやって、そうなるかと言ったら違うのです。

ガチャのいろいろな確率まとめ

さて、これらのことを踏まえて、星5、星6、星7、Sランク、SSランクなど各ゲーム、各レアキャラを手に入れるためにガチャを引いたときに確率はどうなのか?

ガチャの確率早見表のような感じでまとめてみたので参考にどうぞ。

当たる確率は各ゲーム公式サイトなどで発表していますので、連続でハズれる場合などに着目してみたいと思います。

ま、つまり爆死者専用って感じですかね。

当たり確率5% 天井30回の場合

当たる確率 1回~29回 5%

      30回目   100%

天井まで行く確率 約 22.59%

実際ガチャを引いていると「うわっ天井だ!」って思うでしょうが、これを見てわかる通り、22%以上の確率で天井まで行ってしまうんですね。

簡単に言えば、この確率のガチャを引いたら、おおよそ5回に1回は天井まで行くということになります。

当たり確率 10% 天井30回の場合

当たる確率 1回~29回 10%

      30回目   100%

天井まで行く確率 約 4.71%

ここでわかるのは、当たる確率が倍になった場合、天井に行く確率が半分になるわけではないということ。

天井まで行ってしまう確率は、20回に1回程度になります。

当たり確率10% 天井無しの場合

当たる確率 1回~ずっと 10%

3回連続でハズレの確率 約 72%

5回連続でハズレの確率 約 59%

10回連続でハズレの確率 約 34.86%

100回連続でハズレの確率 約 0.002%

当たり確率5% 天井無しの場合

当たる確率 1回~ずっと 5%

3回連続でハズレの確率 約 85.73%

5回連続でハズレの確率 約 77.37

10回連続でハズレの確率 約 59.87%

100回連続でハズレの確率 約 0.592%

当選確率2倍キャンペーンは当たるのか?

これらを理解したところで、ガチャの確率アップイベントなどで2倍などがありますが数字と言葉と感覚に惑わされないようにしましょう。

2倍というとすごく当たるような気がしてしまいますが、例えば3%の当選率のガチャが2倍になったところで6%です。

つまり、確率上は、100回引いても94回はハズレです。

当たる確率そのものは確かに倍になっていますが

「倍」という言葉に惑わされず、冷静に確率を理解するようにしましょう。

ガチャが人気のスマホゲームアプリの代表作一覧

グランブルーファンタジー(グラブル)

アイドルマスター スターライトステージ(デレステ)

パズル&ドラゴンズ(パズドラ)

モンスターストライク(モンスト)

Fate/Grand Order

Shadowverse(シャドウバース | シャドバ)

The following two tabs change content below.
nin

nin

自称、WEB関連クリエイター。東京在住のおっさんです。ウェブページの製作、動画の編集などやっております。 このサイトは完全に趣味で書いております。