ギャンブル依存とは?何が賭博罪にあたるのか?

PR

ギャンブルとそうでないものの線引きは?

ギャンブルとはいったい何なのでしょうか?

まずはギャンブルそのものと、日本における賭博罪を分けて考えなければなりません。

明らかにお金をかけているだろう?というものも日本の法律により賭博とみなされるかどうかは変わってきます。

国が認めたギャンブルはOK、公営ギャンブルって何

基本的に賭博法でギャンブルは禁止されていますが、国が認めたギャンブルはお金をかけて遊んでよいということになっています。

ところが、明らかにギャンブルであるのにギャンブルとはされていないものがあります。

※ 以下で出てくる「ギャンブル」とは法律上の賭博を言います

一番いい例はパチンコでしょう。

パチンコはギャンブルではない

国が認めた国営、公営のギャンブルは競馬、競輪、競艇、オートレースなどがあり、パチンコは含まれません。

つまり国はパチンコをギャンブルとして認めていないのです。

言い方を変えるとギャンブルではないとみているのです。

昨今では国会でまでパチンコのギャンブル依存症が問題になるなど「ギャンブルじゃないのにギャンブル依存?」という、非常に矛盾した議論があるのです。

これに関してはパチンコの換金が三店方式という特殊な形態によるギャンブルではないという言い逃れ方式にあるためです。

簡単に言うと、パチンコ店ではお金の換金はしません、代わりに景品あげるから、他の店で勝手に換金してください(買い取ってもらってください)、というしくみです。

だからパチンコ店周辺に交換所があり、絶対にパチンコ店で換金するシステムにはならないのです。

なぜこんなバカげた仕組みがまかり通るのかというと、パチンコ景品の利権問題に警察が絡んでいるのが大きな理由の一つです。

ま、そこは今回は置いておいて、いったい何がギャンブルで、何がギャンブルじゃないのかを考えます。

賭博に関する法律を知る

昨今ではインターネットカジノで賭博法で検挙される例もあります。

それを見たときに「サーバー(または運営もと)が国外であれば日本の法律外では?」と思う人もいるでしょう。

ここで法律が問題となるのですが、賭博法では「国内でやっちゃダメ」という決まりがあります。

※法律用語や文面をそのまま使うとわかりにくいと思うので、くだけた書き方にしています。

つまり、国内で遊んだら日本の法律が適用されるということになります。

インターネットという法律の制定よりも新しいものができたので、過去はこれならギャンブルOKと思われていましたが、実際に逮捕者が出ています。

また、ギャンブルをすることもそうですが、させることも罪となります。

賭博開帳罪と富くじ法

ギャンブルをする場所を提供し、利益を得ると賭博開帳罪として罰せられます。

「賭博場を開き、人を集めて賭博による利益を図った者」

と法律では書かれています。

闇カジノ、裏カジノなどの摘発がこれですね。

つまり自分でやらなくてもアウトなわけです。

競馬、競輪、競艇、オートレースが公営ギャンブルと書きましたが、宝くじはどうなるのでしょう?

実は宝くじは全く別の扱いで「富くじ法」という法律で管理されます。

賞金の上限や方法などが定められていますので、くじ引きならOKということにはなりませんので注意してください。

厳密に言うと、摘発こそされませんが、商店街などの福引で法律違反を犯している場合もあるのです。

いくら賭けたらギャンブルになるのか

これは法的に言えば10円でも1円でもアウトです。

ただし、10円賭けたからと言って実際に摘発、逮捕されることはないでしょうが・・

では、いくらなら逮捕されてしまうのか?

はっきり言うと決まっていません。

また、一時的に賭博を行ったのか、常習的に行われているのかにもよって判断(逮捕、摘発されるか)は変わってきます。

つまり明確な線引きはないともいえるのです。

保険や何かの賞金はギャンブルではないのか?

まず、賭博法の原則として、「2者間以上で、それぞれに損害が出る可能性」というものが重視されます。

クイズなどで賞金1千万円、何かの大会で賞金1千万円などは、参加する側に参加費など掛け金とみなされる「損害」があるかによって変わるのです。

麻雀大会の賞金

例えば麻雀は公営ギャンブルではないのでお金を賭けてはいけないものとなりますが、麻雀大会で優勝者が1千万円もらえる、という場合はギャンブルになりません。

ただし、説明したように参加者に損害があってはいけないので、参加費をもらって、勝ったら賞金がもらえて、負けたら没収、という形では行ってはいけないのです。

参加者からはお金をもらわずに、スポンサーなどから集めたお金で賞金をねん出すればOKということになります。

ミリオネアはギャンブルじゃないのか

過去の人気番組、みのもんたさんが司会をしていたクイズミリオネア。

この番組はクイズに正解すると賞金がもらえて、その賞金を賭けて次の問題へ進んでさらに大きな金額を狙うというものです。

これってギャンブルじゃないの?

そう思う人も少なくないはず。

これは参加者に損害がないことと、途中でお金を手渡さないことがネックとなります。

50万円の問題に正解してもお金を手渡さず

「もらえる権利」だけが説明されます。

これを現金や小切手が参加者に途中で手渡されていたら、一時的に参加者のものとなるので、それを賭けるわけですからギャンブルとみなされるはずです。

保険はギャンブル

日本は世界でも有数の保険大国です。

保険加入者は相当な人数いるわけですが、保険は基本的には掛け捨てであり、保険会社は保険金を支払っても利益が残る仕組みですので、賭博で言う寺銭が入るわけです。

見方を変えれば保険は賭博以外の何物でもないのですが、保険は宝くじなどと同じで「保険法」という別の法律で管理されていますのでギャンブル(法律で言う賭博)としてはみなされません。

日本人は保険というものをギャンブルとしてみる人は少ないでしょうが、実際には人の死や事故などにお金を賭け、実際に起きたらお金がもらえ、起きなかったらもらえない、という他の賭博と変わらない仕組みなのです。

全くの他人に生命保険をかけることもできるわけですから(もちろん保険会社の審査次第ですが)「人の人生に何か起こるか」にお金を賭けているギャンブルなのです。

保険は満期になればお金が返ってくるものもあるからギャンブルじゃない、と考える人もいますが、「絶対に損をしない保険」がこの世に存在するなら保険会社は利益がないので、保険会社がこの世に存在しないことになります。

確実に利益があるから会社として成立するのです。

つまりは、法的な問題は別として、競馬、パチンコ、株式投資、生命保険、仮想通貨、宝くじ、すべてギャンブルです。

あなたはいったい何をギャンブルとしてお金を投資しますか?