厄年早見表 男性、女性の違いと厄払い

PR

厄年の調べ方は厄年早見表で解決

一般的に、よくないことが起きると言われる厄年。

前厄、本厄、後厄、お祓いなどはどうしていますか?

また、厄年って何歳なんだろうと思ったことはありませんか?

今回は厄年に関するまとめです。

厄年早見表 2018年版

2018年、男性の厄年

前厄 本厄 後厄
24歳
1995年
平成7年生まれ
25歳
1994年
平成6年生まれ
26歳
1993年
平成5年生まれ
41歳
1978年
昭和53年生まれ
42歳
1977年
昭和52年生まれ
43歳
1976年
昭和51年生まれ
60歳
1959年
昭和34年生まれ
61歳
1958年
昭和33年生まれ
62歳
1957年
昭和32年生まれ

2018年、女性の厄年

前厄 本厄 後厄
18歳
2001年
平成13年生まれ
19歳
2000年
平成12年生まれ
20歳
1999年
平成11年生まれ
32歳
1987年
昭和62年生まれ
33歳
1986年
昭和61年生まれ
34歳
1985年
昭和60年生まれ
36歳
1983年
昭和58年生まれ
37歳
1982年
昭和57年生まれ
38歳
1981年
昭和56年生まれ
60歳
1959年
昭和34年生まれ
61歳
1958年
昭和33年生まれ
62歳
1957年
昭和32年生まれ

と、いう感じで、2018年の厄年の方は、何年生まれの人なのかを一覧にしてみましたが、何歳が厄年になるのかは、2018年であろうが2019年であろうが2020年であろうが変わりません。

何歳が厄年にあたるのか

男性の厄年の年齢(本厄)

25歳、42歳、61歳

女性の厄年の年齢(本厄)

19歳、33歳、37歳、61歳

厄年とはどうやって決まるのか

平安時代にはすでに存在していて、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習があります。

つまり、神社仏閣を中心に考えられる言うことで、「数え年」の加算日は神社によって異なります。

これによって、「自分が今、何歳なのか」が変わってきますので、非常にややこしいです。

グレゴリオ暦(新暦)1月1日とするものと、立春の日(通常は2月4日)とするものがあるようです。

厄年の根拠は何なのか

厄年には科学的な根拠が無い事から迷信とも言われますが、上記の一覧表の年齢は心身ともに大きな変化がある年齢であり、何か時を付けたほうが良い、という成長過程をもとにした根拠の説もあります。

ただ、成長過程の理論で言ってしまうと、平安時代と今では寿命も違いますし、医療の進歩、食生活の変化などもあるので、必ずしもそうとは言えないかもしれません。

統計学で言うと、男女ともに63歳あたりが健康を害する7疾患などにかかる年齢として、「大厄」ととらえているようです。

厄年は日本だけなのか

厄年に対する考え方は中国をはじめとした多くのアジアの国でおなじょような考え方の国があります。

これは、アジアは仏教を中心とした信仰があるため同じような風習があるのではないかと考えられています。

厄払いはいつまでにすればよいか

この「厄」というものに対して、古くからおこなわれてきた対策の一つが「厄払い」です。

神社などでお祓いをしていただくというのが厄払いですが、厄払いはいつ行けばよいのでしょうか?

これはいくつかの節があるようですが、節分あたりまでに行ったほうが良いというのが一般的のようです。

これも、結局は数え年、など、年齢の数え方自体が違う場合があるので、それによって異なってくるのでしょう。

ただ、基本的に「その年は気をつけろ」というのが厄年ですから、一年間あるわけで、そう考えれば早めに行ったほうがよいのは当然の理屈でしょう。

厄払いの料金の相場

厄払いを神社で行うには祈祷料というお金を払って行っていただくというのが一般的です。

場所によっては初穂料や玉串料と呼ぶところもあるようです。

おおよそ、3,000円~10,000円が相場で、高いものであれば30万円もするものもあるようです。

これは神社によって異なり、大きな神社、有名な神社だから金額が高いというわけではないようです。

厄払いのお金の払い方

厄払いの祈祷料などはどうやって支払ったらよいのでしょうか?

その際のマナーや作法はどういったものなのでしょうか?

ざっくり説明すると

紅白の水引きがついているのし袋に新札を入れるというのが作法のようです。

名前や住所の書き方などは、お葬式や結婚式などと同じで、袋の決められた場所に正しく、丁寧に書く、というのが礼儀です。

間違ってはいけないのが祝儀袋(『蝶結び』ののし袋)をつかうことで、白黒の不祝儀袋は使わないということ。

また、ただの白い封筒であっても別段失礼ではありませんし、神社によっては封筒に入れず、通常買い物をするのと同じように現金だけを渡す場合もあります。

厄払いで有名な神社一覧

西新井大師
川崎大師
観福寺大師堂

道合大師
小塚大師
関東の三大師(元三大師)

佐野厄除け大師
青柳大師
川越大師

足利厄除け大師
寺岡山元三大師
拝島大師本覚院
厄除元三大師(深大寺)

東京および、関東近県を中心にピックアップいたしましたが関西地方では以下の神社も有名です。

石清水八幡宮
八坂神社
平安神宮
清荒神清澄寺(通称:清荒神)
門戸厄神東光寺(通称:門戸厄神)
大聖観音寺(通称:我孫子観音)
多井畑厄除八幡宮(通称:多井畑厄神)
立木山寺(通称:立木観音)
信貴山千手院(通称:信貴山毘沙門天)
鷲峰山金胎寺(役行者42歳、厄除け、9月第1日曜日)
松尾寺(奈良県大和郡山市)

情報元

全国最強パワースポットの紹介、パワスポマップでご利益のある神社を探そう。
The following two tabs change content below.
nin

nin

自称、WEB関連クリエイター。東京在住のおっさんです。ウェブページの製作、動画の編集などやっております。 このサイトは完全に趣味で書いております。