字画占い・姓名判断って何でしょう

PR

名前による影響の大きさ

まず、占い的なものと名前によって与えられる影響とは別であるという認識から話を始めましょう。

物や人の名前は当然のことながら、その名前によって印象は変わったりするものです。

ですが、ここで題材としたいのは、人に呼ばれたり読まれたりすることではなく単に名前を変えただけで運命は変わるのかという論点で行きたいなと思います。

その前にまずは、名前を変えたことによって大きく変わったものの例を考えてみましょう。

名前を変えたら売れたもの

※ ただし、本当に名前だけが変わったのかは商品によって異なると思います。

サントリーBOSS

今や超有名缶コーヒーのBOSS。

発売当初「WEST」という商品名でしたが「BOSS」と名前を変えたら爆発的に売れたということです。

もちろんそれに伴い、BOSSのイメージにふさわしい矢沢永吉をCMに起用したりと販売戦略そのものに大きな変化があったからですね。

鼻セレブ

花粉症の方や風邪をひいたときなどお世話になった人は多いのでは?

この商品も発売当初は「モイスチャーティッシュ」という名前だったようです。

鼻セレブに改名後は爆発的ヒット商品となりました。

このほかにもたくさん改名によるヒット商品はあるのですが、ヒットの法則というものもまたあります。

例えばコンビニ関連ではお弁当屋スウィーツなど「プレミアム」や「ふんわり」「トロッと」などつけると売れ行きが変わると言われています。

確かにおいしそうに聞こえますね。

わかりやすい名前が売れるパターンと逆パターン

わかりやすい名前でヒット商品を出す会社と言えば何と言っても小林製薬でしょう。

のどに塗るから「のどぬーる」

ピタッと貼って冷やすから「冷えピタ」

しみをとるから「しみとりーな」

蓄膿症には「チクナイン」

脇汗を防ぐ「ワキガード」

あげていったらキリがないですね。

こういった感じで、わかりやすい名前がヒットにつながるパターンと、その逆に「鼻毛カッター」など女性が買いにくい名前であったりすると、わかりやすくても売れなかったりするわけです。

人やグループの名前が変わると運命は変わる?

上で書いたような「商品」ではなく「人」や「グループ」の名前はどうでしょう。

有名なところで言えば「さまぁ〜ず」はもともと「バカルディ」

「くりぃむしちゅー」は「回砂利水魚」でした。

このあたりは確かに改名後、ものすごく売れましたが、改名自体が人気番組「新・ウンナンの気分は上々。」の企画で行われたため、改名されたことも話題になった事が大きな要因とも取れます。

はたして、この両コンビが自分たちだけで「私たちコンビ名変わりました」と発表しただけだとしてこれだけ売れたでしょうか?

また、この方たちに限らず、名前やグループ名が変われば心機一転、気を引き締めたり何か意識も変わるでしょう。

ということで、この件に関して私は「名前が変わったから売れた」という占い的要素で売れたものとは思いません。

※ 私はこの両コンビはもちろん、芸人さん大好きなので批判をしているわけではありません。ビジネスとしての広告戦略と意識のお話です。

子供の名前を付けるときは字画が重要?

子供に名前を付けるときなども字画を気にしたりしますが、字画で運命は変わるのでしょうか?

名前から受ける印象は大事なので変な名前は避けたほうがよいのは当然ですが(何をもってととらえるかが人によって違うので問題が起きるともいえるが)。

もし、字画が一字違うだけで運命が大きく変わるというなら漢字を使わない外国人の方の名前はどうなるのでしょうか?

マイケルジャクソンは何画なのでしょうか?

私個人の結論としては、やはりタイミング、イメージ、そして商品などであれば戦略を含めた総合的なものであり、名前だけでなにかが決まるとは考えたくはないですね。

もちろん字画占い、姓名判断で名前を付けることもよいとは思いますので、そういった方は専門書などできちんと字画を調べてからつけるとよいでしょう。