御朱印 意味 人気の御朱印とは

PR

御朱印とは

御朱印(ごしゅいん)とは?

今日は御朱印というものにちょっと着目してみます。

まず、御朱印とは神社や寺院で参拝者に押印される印章です。

ウィキペディアではこのような説明から始まるのですが、押印と言っても印鑑とは限りませんし、スタンプをもらうのとはちょっと違います。

御朱印の意味や作法、マナー、人気の御朱印などを紹介していきます。

御朱印についての基本

上の写真のようなものが一般的に御朱印と呼ばれるもので、押印の他に、参拝した日付や寺社名、御祭神、御本尊の名前などを墨書きしてあるのが一般的です。

御朱印は参拝した証の一つでもありますが、元々は寺社に写経(お経を写し書くこと)を納めた際の証明書という説もあります。

そういった理由より、現在も写経をしなければ御朱印をいただけない神社もあるようです。

御朱印の料金、価格

御朱印はほとんどの神社仏閣において比較的少額で入手することができます。

ほとんどというのは、御朱印を下さる神社前提で、それ自体を行っていない神社もありますのでご注意を。

御朱印をいただける金額は平均的には300円~1000円程度、金額が決まっていないところもあります。

※ 富士山本宮浅間大社奥宮では2000円など、神社によってさまざまである。

これは御朱印を書いていただく金額ととらえるのではなく、気持ちを収めた証となるので、初穂料・御布施と呼ばれます。

御朱印はどこでもらえる?

御朱印は「社務所」や「寺務所」「納経所」などでいただけます。

わからなければ住職の方などに聞いてみてください。

御朱印をいただくには御朱印帳

御朱印は御朱印帳という手帳のようなものに書いていただくのが作法です。

御朱印帳の価格

御朱印帳は1000円~2500円程度、文具店や神社で購入することが可能です。

通販でも購入できますので好きな御朱印帳に御朱印を集めてみましょう。

御朱印帳はどこの御朱印をもらってもよいか?

御朱印は様々なものがあり、出雲大社や明治神宮のような有名な神社などでは、その神社オリジナルの御朱印帳が販売されています。

価格も1500円前後とリーズナブルなものです。

さて、例えば明治神宮で買った御朱印帳は明治神宮でしか使えないかというとそうではありません。

御朱印帳は基本的にどこの神社に持って行っても構わないのです。

ここで基本的にと書いたのは訳があります。

日蓮宗の御朱印帳は別?

日蓮宗に関しては別らしく、御朱印をいただく場合に、その御朱印帳に日蓮宗以外の他の仏教の宗派が入るとダメということらしいので、その場合のみ、別の御朱印帳を用意したほうが良いかもしれません。

そのあたりの宗教上のルールに関してはここではあくまでも聞いた話というレベルなので、各自ご確認ください。

御朱印帳をいただくルール、作法

御朱印を集めるのは非常に楽しいことだと思いますが、神社、仏閣、すなわち神様の関わる世界ですので、作法、礼儀、マナーは非常に重要なものとなります。

御朱印集めはスタンプラリーではない

御朱印について絶対に意識していただきたいことは御朱印集めはスタンプラリーではないということです。

御朱印は神聖なものであることを理解し、旅行のついでにスタンプを集めるような意識では行わないようにしてください。

御朱印だけをもらいに行かない

最初にも書いたように御朱印とはもともとは写経にかかわる物でしたので、単なる神社に行った証ではありません。

写経がなくても、参拝するのは神社に行ったら当たり前のことですので、まずはきちんと参拝してから御朱印をいただきましょう。

神社によっては「参拝はお済ですか」と聞かれるところもあり、場合によっては御朱印を断られる場合もあるようです。

御朱印をいただく時の飲食、雑談は厳禁

御朱印を書いていただいている間、その他待ち時間は飲食や大きな声での雑談などは控えましょう。

今の時代であればスマホの操作などもその一つです。

御朱印をいただく、というのはその言葉の通り、いただくものであり、サインをお金で買うわけではありません。

誰かに何かをしていただくときに、食べながら、しゃべりながら、携帯をいじりながらな度は失礼ですよね?

そのあたりを踏まえて、ごく当たり前のルールを守りましょう。

人気のある御朱印

御朱印はスタンプラリーではありませんが、やはり人気のある御朱印というものはあるのです。

比較的人気の高い御朱印、および御朱印帳をご紹介します。

櫻木神社(千葉県)の御朱印、御朱印帳

千葉県野田市桜台210

その名の通り、桜をモチーフにした御朱印帳やお守りが販売されていますが、年度ごとの限定というのも多数あるようなので、写真の御朱印帳が購入できるかはわかりませんのでご了承ください。

古峯神社(栃木県)の御朱印、御朱印帳

 

 

画像元:古峯神社公式サイト

栃木県鹿沼市草久3027

天狗信仰があることから天狗の社とも呼ばれる栃木県の神社で、天狗をモチーフにした御朱印をいただけます。

しかも、上記写真のように多数(写真以外にも多数あり)の御朱印があり、好きなものを選べるというので、御朱印集めをしている方にとっては外せない神社かもしれませんね。

寛永寺(東京都)の御朱印、御朱印帳

東京都台東区上野桜木1丁目14−11

東京、上野の寛永寺は徳川歴代将軍15人のうち6人が眠るお寺として有名で、御朱印にも三つ葉葵の徳川の家紋が入っている事で非常に人気があるようですね。

いわば、印籠をいただいたような気分でしょうか?

武田神社(山梨県)

画像元:twitter

山梨県甲府市古府中町2611

山梨と言えば武田信玄、武田神社は武田信玄公を御祭神としてお祀りしています。

御朱印にも武田信玄の絵が入っており、これぞ甲斐の国、って感じです。

実在した歴史上の人物が祭られている神社の多くは、人物にちなんだ御朱印がいただけるようです。

そのほかの実在した歴史上の人物にまつわる御朱印

吉田松陰の御朱印 – 松陰神社(山口県)

聖徳太子の御朱印 – 浄土寺(広島県)

宮本武蔵の御朱印 – 八大神社(京都府)

昨今の御朱印ブームにより、そのうち御朱印ランキング何て言うのも出そうですが、御朱印は神聖なるものですので、それを忘れずに集めてください。

その他、参考サイト

御朱印について