googleにインデックスされない対策方法

PR

いつまでたっても検索エンジンに引っかからないページの対策

作ったページ、サイトが検索エンジンに引っかからない。

そんな時は何かの原因があってそうなっていることが多いのです。

まずはいくつかの原因の中に当てはまるかどうかをチェックし、それぞれに対応した対策を取って検索エンジンに読み込んでもらえるようにしましょう。

インデックスとは

ウェブマスターツール、サーチコンソールでのインデックスとは、検索エンジンに認識されているかということを指します。

インデックスされていない、つまり検索結果には出てこない、ということになります。

検索に引っかからない理由

インデックスされないページ、サイトには以下のような原因が考えられます。

1.取得したドメイン自体が以前誰かが使っていてスパム扱いになっている。

2.作ったコンテンツがコピペ記事などが多く、スパム扱いされている。

3.最初にインデックスしたときに中身がなさ過ぎてインデックス対象にならなかった。

主な理由は上記なようなケースが多く、1と2に関してはインデックスさせるにはかなり困難になります。

3のケースは再度見に来てもらうことでインデックス登録される場合があります。

今回はこの3のケースのご説明をしていきます。

googleに見に来てもらうことをクロールと言います。

クロールさせる手順

ここではSearch Consoleを使用している人を前提にお話ししていきます。

これらが分からない人で自分でWEBサイトを作っている方などはSearch Console、もしくはウェブマスターツールなどで検索してみてください。

実際にクロールさせる手順はSearch Consoleから

Fetch as Googleという機能を使って作業していきます。

手順1. Search Consoleからサイトを選択する

自分のSearch Console管理画面から対象となるサイトを選びます。

手順2. Fetch as Googleを選択

手順3. クロールさせたいURLを入力する

ここで「PC」「スマホ」など選択肢が出ますが、レスポンシブならPCでよいんじゃないかと思ってますが、気になる人とPCとスマホが別になっているサイトなどは個別に行ってください。

「取得」ボタンでその下の一覧に追加されます。

手順4. 「インデックスに送信」をクリック

一覧表にボタンが表示されるのでクリック。

これをしないとインデックスさせるためには何の意味もありません。

一応、数分でクロールされるとは説明書きにありますが、実際はどれくらいなのかは状況によりさまざまでしょう。

クロールさせる際の注意点

2018年8月の記事を書いた段階では、リンク先ページを一括で読み込ませる方法も、1ページずつ読み込ませる方法も一度に行えるのは10件のようです。

つまり、どっちでやっても同じということになるのでしょうか・・・

データとしては1日から数日以内には読み込みを行うはずなので、それでインデックスされない場合はページやサイトに問題があるかもしれないと疑ったほうがよいでしょう。

こんな時もFetch as Google

検索エンジンに読み込まれないだけでなく、インデックスされているページも更新作業をしたらFetch as Googleで再読み込みをさせたほうが良いと言われています。

通常は一度読み込まれたページは毎日クロールされるわけではないので

更新したよってことをより早く検索エンジンに知ってもらうには必要な作業というわけです。

ページタイトルで検索してみる

実際にインデックスされているかどうかは検索してみれば一目瞭然ですが、何位に表示されているかはサイト次第です。

ページタイトルで検索してみて、何ページも見て検索結果に出てなければインデックスされていないと考えたほうがよいでしょう。

※ 検索ワードの多い単語のみのページタイトルなどではこの憲章は不可能です。

例:ページタイトルが「車」だけなど

スパムサイト扱いの対策

さて、これらをやってもどうにもならないのが引っかからない理由に挙げた

スパム扱いとなっているサイトですが、これもサイトの再審査をgoogleに申請すればスパム解除される場合があります。

しかし、そのページのコンテンツが問題という程度ならよいのですが、過去に別の持ち主が使用していたドメインなどではスパム解除が困難なケースもあります。

作り始めのサイトであったなら、新しいドメインを取得して作り変えたほうがよいケースも多いのです。

ドメインを取得する場合は中古なのかどうなのかを調べてから取得しましょう。

中古ドメインか調べる

以下のサイトからドメインが過去に使われていたものかどうか調べられます。

中古ドメインか調べる