終活と生前整理、老後と死後の準備と意味

PR

終活を行う意味と準備の仕方、終活ノートの活用

終活という言葉の意味はご存知でしょうか?

今や「老後の計画」に含まれるようになった終活ですが皆様はどうお考えですか?

終活とは

終活とは誰にでもやってくる「死」というものに向き合い、その時が来た時のためにいろいろと準部をしておくことを言います。

その内容は様々で、資産のある人は相続の関係もありますし、身の回りの処分、整理や単にやりたいことを元気なうちにやろうというのも終活の一つです。

なぜ終活が必要なのか

終活が注目されたのは昨今の時代背景が大きくかかわっています。

アルツハイマーなどによる高齢化後の自己判断が不可能な状態になることが多くの方に認識され始めたことや、孤独死などが多く取りだたされたこともその一つです。

そのように自己判断が難しい状態の場合の過度な延命治療に関しても考え方が変わってきているのが現状です。

自己判断が難しい以上、そうなる前に事前に自分の意思を伝えておかなければなりません。

つまり「遺言」はすでに生きている間にも必要なものとなっているのです。

また、パソコンやスマホの普及も理由の一つで、これからはもっと多くの人がその事実に気づき始めるでしょう。

というのも、パソコンやスマホには個人情報が満載で、亡くなった後に見られたくないものもあるでしょうし、逆にパスワードがかかっているために家族が必要な情報が見れないケースがあります。

これらはやはり自分が元気なうちにやっておくべきことなのです。

これら、やらなくてはいけないこと、やっておきたいことを書き留めていく「終活ノート」というものを書くのが主流となってきています。

遺言の重要性と人間の醜さ

ドラマなどで遺産の取り合いで殺人事件、何ていうのを見たことがあるでしょう。

「うちの家族は大丈夫」なんて思わないでください。

私も何度も争いを目にしています。

それが数千万円、数億円のような莫大な財産ではなく、そんな金額で親せきで争うのか?というような金額で身内で争っているのです。(そんな金額、というのは個人的見解ですが)

人間はお金が絡むとあっという間に関係は崩れます。

それを守るにはきちんとした遺言が必要なのです。

財産は残したから家族は安心、これで心置きなく逝ける

遺言などがきちんとしていない場合これは大きな間違いかもしれないのです。

これだけでは逆に家族がバラバラになる原因を残しただけになるかもしれないのです。

話がまとまらない例では、葬儀にいくらかけるかだけでモメる家族もたくさんいます。

死んだ後のSNSはどうなるのか

twitter、Facebook、InstagramなどSNSのサービスを使っている人は多いでしょう。

本来そういったもののアカウントは原則一人がひとつですし、ID PASSが必要であり、更新も止まります。また、死んでしまったら「一人」とは数えないので事実上アカウントは消滅するものと考えられていました。

ところが昨今ではそれらSNSを「生きていた証」ととらえる考えがあり、お墓にQRコードがあり、そこから本人のSNSを見ることができる、という、なんとも「ITな死後」が始まっているのです。

最近ではこれらを「デジタル遺品」と呼びますが、それが果たして本人の意思なのかどうかということですね。

その「意思」こそが今回取り上げている「終活・生前整理」なのです。

お墓にQRコードなんてつけられたら家族どころか関係ない第3者にまで見られてしまうことになります。

正直、死んでいるのですから「恥ずかしい」も何もない、と言われればそれまでですが・・・

放っておけばアカウントは消えるのか?

放っておけばそのうちアカウントは消えると思っている方、それは間違いです。

もちろん有料のものはお金を払わなければ消えてしまいますが、無料のものは違うのです。

更新やログインが一定期間ない場合など、自動でアカウントが消滅する仕組みでない限りはプロバイダーやSNSサービスのアカウントは基本的には残ります。

つまり自分で処理をしておく必要があるのです。

見られたくないパソコンやスマホ内のデータ、ハードディスクなども事前に処分しておかなくてはなりません。

それがデジタル終活なのです。

便利屋などを利用した終活・生前整理

高齢であったり一人暮らしであったりと大きな荷物の移動などが難しい場合や様々な手続きを教えてくれたり代行してくれるということで、こういった生前整理や終活に便利屋さんを使う方が増えています。

不用品の処分などは専門でしょうし、多種多様な技術や知識を持った便利屋さんが増えています。

終活、生前整理などをやっている便利屋さんを見つけるには以下のようなサイトが役に立ちますので参考までに。

便利屋さんて何?便利屋さんとはテレビなどでご覧になったことのある方も多いでしょうが、俗に言うなんでも屋さんです。ごみ屋敷の掃除から、水周りのトラブルや害虫駆除など様々な依頼を引き受けます。全国の便利屋さんを検索北海道・東北北海道|青森県|岩