成功するための法則テフカスとは

PR

テフカスとは(TEFCAS)

何かをやり遂げ成功させる思考回路「テフカス」を知っていますか?

テフカスの法則とも呼ばれていますが、6つの項目をこなしていけば性向が見えてくる法則の項目名の英語の頭文字をとったものがテフカス(TEFCAS)となります。

テフカスは成功するための考え方

成功のための6つの行動とは以下の6つとなります。

Trials(試す・試行)

Event(出来事)

Feedback(反映・学習)

Check(確認)

Adjust(調整)

Success(成功)

この6個の行動の繰り返し作業により人は成長、成功するという考え方になります。

下ではテフカスの一つ一つの項目を見ていきます。

Trials(試す・試行)

仮説、計画を立て、何かに挑戦をすることを意味します。

何事もやってみなけりゃ始まらないってことですね。

Event(出来事)

試したことに対して出来事が起きます。

Feedback(反映・学習)

起きた事柄に対して、冷静受け止める。

Check(確認)

成功したにしろ失敗したにしろ、なぜそうなったのかを考える。

Adjust(調整)

失敗したなら次は失敗しないように、成功したなら、さらなる成功に必要なものは何か考え、以前とは違うやり方を行う。

Success(成功)

自分の思い描いていた形になる。

ここからまた最初のTrialsの試すに戻っての繰り返しとなります。

実は本田宗一郎も言っているテフカス理論

成功者の第一人者、HONDAの本田宗一郎。

この人の有名な言葉に

チャレンジしての失敗を恐れるな。何もしないことを恐れろ。

というものがあります。名言ですね。

これはまさにテフカスなのです。